着物用語辞典(ら行)【ろうけつぞめ・蝋けつ染】

【ろうけつぞめ・蝋けつ染】

蝋を熱で溶かし、その液を筆や刷毛、金属の道具を用いて布に紋様を描き、防染する。

後、蝋を抜く。奈良時代臈纈として日本に入ってきたが、餅糊を防染剤ととする染めが出現して以来衰退しはじめた。

着物用語辞典(ら行)【ろ・絽】

【ろ・絽】

紗と平をまぜる、すなわち捩り(もじり)組織のなかに平織をまぜて織る。

絽は平絽と駒絽があり、駒絽は撚りの強い糸を用いる。

また緯に絽目(捩りのための隙間)をつくる緯絽と経に絽目をいれる経絽(縦絽)がある。

着物用語辞典(ら行)【りゅうきゅうなまつむぎ・琉球生紬】

【りゅうきゅうなまつむぎ・琉球生紬】

沖縄の生紬は地風によってひとえから薄物まであり、生成地に絣柄が織り出された物が多い。

絹織物なので植物素材より皺になりにくく、着心地も良い。