着物用語辞典(は行)【はんはばおび・半巾帯】

【はんはばおび・半巾帯】

半巾帯画像

半巾帯はその名のとおり、帯巾が通常の半分で、四寸(約15センチ)のものをいいます。

長さは八尺五寸(約3メートル23センチ)です。

生地は綿、ウール、錦織り、博多織り、唐織り、組帯などがありますが、長さによって文庫結び、片蝶結び、貝の口など、結び方に変化がつけられるので、浴衣からパーティーなど用途は巾広いです。

小袋帯とも言います。

★半幅帯はこちらで販売中です

着物用語辞典(は行)【ほんかがゆうぜん・本加賀友禅】

【ほんかがゆうぜん・本加賀友禅】

加賀国金沢で発達した友禅染。

臙脂(えんじ)、藍、黄土、緑、紫、の五色を基調としてぼかしをあしらったものが多い。

技法は京友禅と変わらないが、刺繍、絞り、金箔などは使用しない。

着物用語辞典(は行)【ほうもんぎ・訪問着】

【ほうもんぎ・訪問着】

未婚、既婚の区別無く着ることのできる礼装のきもの。

留袖や振袖の次に格の高いきものです。

訪問着という名称はヴィジティングドレス(訪問服)を訳した言葉で、明治時代に上流階級の女性の社交外出着として、広がりました。

改まった訪問だけではなく、結婚式、表彰式、パーティー、結納、お茶会など、多くの社交的な場に着ていける着物です。

訪問着に紋を付ける場合、昔は三つ紋が正式でしたが、現在は入れないほうが多いです。

着物用語辞典(は行)【ほう・袍】

【ほう・袍】

朝服の上衣。位皆により色が異なる。中国随の服制にならい、推古天皇十一年(603)に公服になった。

施無(あしぎぬ)地染の盤領(あげくび):(詰め襟風)、筒袖である。

平安中期、朝服が束帯(そくたい)になり、袍は広袖で袖丈が長く、有紋の有職織物を用いた。