着物用語辞典(あ行)【おびしめ・帯〆】

【おびしめ・帯〆】

結んだ帯がゆるまないように、装飾を兼ねて帯の上に結ぶ紐。

平打、丸組、丸ぐけ紐、と有り、帯を結んだとき総仕上げになる小物で、色も重要なポイントになります。

きものに合わせて調和の良いものを選びます。

↓帯締めと帯揚げ画像

帯締め帯揚げ画像

着物に合わせて帯締めを選びたいなら、社内販売会まで

 

↓帯締め画像・帯締め上から

(赤)丸組帯締め(桃色・金)平打帯締め(ピンク色)平打・夏用帯締め

(細桃色)丸ぐけ紐(白色)ビーズ帯締め

 

帯締め(丸・平・ビーズ等)

 

着物用語辞典(あ行)【おりもんよう・織文様】

【おりもんよう・織文様】

織技法によって文様を表現したもの。

先染で文様を織り出したもの。

糸錦、綴、唐織、厚板(あついた)、繻珍など豊富な色糸で文様を織り出したもの。

着物用語辞典(あ行)【おりもの・織物】

【おりもの・織物】

経糸(たて糸)とよ緯糸(よこ糸)を組み合わせて機(はた)で織った布。

組織より分類すると平織、搦み織(からみ)、繻子織、斜状織、紋織などとなる。原料から分類すると絹織物、綿織物、麻織物などある。ほかに糸織、銘仙、仙台平、上布などという種類品目が多くある。