浴衣の季節はいつから?5月?6月?7月?

夏の浴衣の着用時期は?今年も「浴衣はいつから着れるの?」というご質問を頂きました。

かつては、7月の初め頃からゆかたを着始める人が
多かったのですが、今は雑誌などで
【5月15日から京都で行われる葵祭は浴衣で】や、
【5月中旬から浴衣を着よう!】という特集も見かけるようになり、以前より早めに5月中旬から浴衣を着る人も増えてきました。

しかし、伝統の衣替え通りだと、一般的には7月の初め頃から8月いっぱいの盛夏と呼ばれる時期に浴衣を着ます。

和服に詳しい方や伝統を重んじる方は
「5月、6月にゆかた!?」と驚かれる方もいらっしゃるので
誰と一緒に出かけるか、でかける場所、また気候・体調などを
考えて判断して下さい。

夏の絽の着物・帯

毎年夏には、人気の着物雑誌「美しい着物」で、「夏の着物のルール」として夏の着物の装いの決まり事を表にしたものが掲載されます。

これを見ると、夏物の時期やしきたりは、毎年少しずつ変化しています。5月・6月から暑くなってきているので、夏の着物の着用時期が長くなってきています。

小物のあわせ方もずいぶんと変わってきています。
この表を見ると、気候に合わせて着る人に優しく、着物の伝統も変化して行っているな~と感じます。

詳しくは美しい着物2014夏号をご覧下さい。HPはこちらです。

夏の着物の着用時期の変化も、いつかブログで紹介できたらと思っています。
もうしばらくお待ち下さい。

※お茶会など、伝統を重んじる場所では昔の暦通りのところも多く、地方により異なる場合もありますので、臨機応変に対応して下さい。

浴衣の着用時期がわかって、着ていく日が決まったら、楽しい浴衣のコーディネートが始まります。何を合わせようか・・この時間が楽しいですね。

浴衣バッグ・女性下駄・うちわいつもの浴衣をイメージを変えるには小物をプラスするのがお薦めです。
去年の浴衣でも小物のコーディネートを変えるだけで,イメージががらりと変わります。

浴衣のコーディネートをできあがりを左右する、下駄や巾着、半幅帯。
お手持ちのものと一つ変えるだけでもイメージが変わります。

お薦めの下駄、巾着、半幅帯をお探しなら、こちらまで。今年人気の小物をぜひご覧下さい。

下駄を履いた後の簡単お手入れ方法

下駄のお手入れ方法「長く綺麗に履き続けるコツ」

下駄を綺麗に長くはき続ける為には、お手入れが欠かせません。
一般的なお手入れの方法をお伝えします^^

下駄を履いた後は、ぜひお手入れをしてみて下さい。

下駄のお手入れの方法

下駄を履いた後の簡単お手入れ方法

(1)使用後は汚れを落とします。

(2)白木の下駄・焼き下駄はきれいな布を良く絞り、拭きあげて下さい。
塗り下駄は、布で空拭きします。

(3)履物が湿気を含んだままだと、カビが生える事があります。すぐにしまわず、風通しの良い所で陰干ししてください。

(4)保管場所も湿度が低く風通しの良い所がお薦めです。

 

しっかりお手入れして、お気に入りの下駄をいつまでの愛用して下さい。
お気に入りの下駄がまだ見つかっていない方はこちらまで

※下駄も箱入り娘は×です。
箱に入れて保存しているときは気をつけて下さい。
履かない時も、箱から出して、しっかり風を通してお手入れをしておくと長く綺麗に履けます。

 

着物用語辞典(か行)【げた・下駄】

【げた・下駄】

下駄画像

木製の履き物。
下面に歯をくりぬいた台に3つの穴をあけて鼻緒をすげ、足指をかけて履く。
夏の浴衣に。

下駄のタイプは大別すると、塗りの下駄白木の下駄焼きの下駄があります。

一般的に白木のものは、足もとが涼しげになり、塗りの下駄・焼きの下駄は素足を綺麗に見せてくれます。

←画像は焼き下駄

 

 

下駄を選ぶポイント

女性用下駄画像

(1)足に優しい下駄
足に当たる花緒部分は、あたりがやわらかいものが痛くなりにくいのでおすすめ

(2)軽くて丈夫な桐
桐の下駄は軽く、下駄を履いたとき足の裏のサラサラ感が心地よいのでお薦めです。

下駄の裏(足に優しいゴム)
(3)裏にゴム付

裏にゴムを貼っていると、音を吸収するだけでなく足の負担も軽くなります。
慣れない下駄でも、長時間歩きやすいように考えられています。

★★★お勧めポイントをおさえた一押しの下駄はこちら 

★下駄を履く前の準備はこちら
★下駄を履いた後のお手入れはこちらで紹介しています。

着物用語辞典(は行)【はんはばおび・半巾帯】

【はんはばおび・半巾帯】

半巾帯画像

半巾帯はその名のとおり、帯巾が通常の半分で、四寸(約15センチ)のものをいいます。

長さは八尺五寸(約3メートル23センチ)です。

生地は綿、ウール、錦織り、博多織り、唐織り、組帯などがありますが、長さによって文庫結び、片蝶結び、貝の口など、結び方に変化がつけられるので、浴衣からパーティーなど用途は巾広いです。

小袋帯とも言います。

★半幅帯はこちらで販売中です

着物用語辞典(や行)【ゆかた・浴衣】

【ゆかた・浴衣】

浴衣画像

湯あがり用の着物。
転じて夏期用の着物となった。

浴衣(ゆかた)の語源は、昔、風呂に入る時に着用していた着物、「湯帷子(ゆかたびら)」からきています。

当時は、入浴とはいっても今のように湯につかるのではなく、蒸気を浴びるサウナのような蒸風呂で、汗を吸い取るため、またヤケドをしないように麻の薄い単(ひとえ)を着ました。
これが「湯帷子」です。

画像右上から
男の子用仕立て上がり浴衣
男性用浴衣(反物)

★女性用仕立て上がり浴衣
女の子仕立て上がり浴衣
こちらでご購入いただけます。