11月15日は七五三です

11月になっていよいよ七五三の時期になりました。
ご準備がまだの方は当日慌てないように早めに準備をして下さい。

○七五三の御祝いとは・・・
男の子は数えで3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年に、成長を祝って社寺に参詣します。

3歳は髪を伸ばす「髪直」、5歳は初めて袴をつける「袴着」、7歳は本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解」をそれぞれ祝う意味があります。

11月15日を七五三にしたのは諸説あります。
(その1)
旧暦11月はその年の実りを神に感謝する月であり、旧暦15日は二十八宿で「何事をするにも吉」とされる鬼宿日に当たったことから11月15日に行われるようになった。今日では11月15日にこだわらずに10月から11月の間に行われるようになっている。

(その2)
徳川三代将軍の子 徳松の祝いが15日に行われたのでそれに倣ってこの日に祝うようになった。

(その3)
11月15日に定着したのは武家制度の発展した頃、それまでの霜月祭(家業に関係深い神々を祭る日)によるものとの説

など色々な諸説があります。

七五三着物姿最近では、七五三のお参りは11月15日を中心にその前後の土日に行うご家庭が多なっています。

でも今での11月15日は七五三として有名ですが、他にも11月15日はこんな日になっています。

○きものの日
全日本きもの振興会が、1966(昭和41)年の設立の時に制定。
七五三の日に、家族そろって着物で出かけてほしいとの願いから。
関連サイト•全日本きもの振興会 http://www.kimono-net.or.jp

皆さんも、ぜひ着物を着てお出かけして下さいね。
そして着物以外にも面白い記念日がありましたを!

○こんぶの日
七五三の日に子供達に昆布を食べて丈夫になってもらおうと、日本昆布協会が1982(昭和57)年に制定。

七五三の日は昆布の日なのですね!!
昆布を通して子供に元気になってもらうのですね~

子供の幸せを願うのは七五三と同じですね^^
皆さん素敵な11月15日をお過ごし下さい。

 

七五三の準備がまだの方はこちらで七五三の着物等が揃います。

七五三の男の子着物売り場はこちらです。
七五三の男の子着物売り場はこちらです。

3才の七五三で被布コートは着なければならないの??

「3才の七五三で被布コートは着なければならないの?」
という検索用語で検索してHPに訪問して下さる方がいらっしゃいました。

検索用語を見て納得!

確かに被布コートというコートなら
寒い日は絶対に着ないといけないのかな・・・と思うかもしれませんね。

3歳の七五三は(1)着物に被布コートを着るか
(2)着物に帯をつけるか
どちらかを選んでいただく事になります。

スワンの羽根付きでおしゃれな子供用ショールです

帯をつける場合、寒くても被布コートは不要です。

(被布コートがなくて寒そうで可哀想~という場合は、
子供用ショールがお薦めです→
首元を暖めて防寒し、見た目もとっても可愛い♪)

 

(1)着物に被布コートを着る場合

3歳の七五三に人気の組み合わせです。
帯は5歳・7歳でもつけて着る事ができますが、被布コートを着られるのは3歳だけなので・・と被布を好まれる方も多いです。

着物の上に兵児帯を結んで被布を着るだけなので、お子様も楽です。
被布コートは、中綿入りなので暖かさも抜群。防寒にもなります。

七五三被布コート準備チェック

(2)着物にをつける場合

豪華に七五三をしたいなら、帯がお薦めです。
帯はあらかじめ形が作ってある結び帯にすると、着付けも簡単です。

七五三の3歳・5歳・7歳すべての年齢の帯があります。
帯付け姿は、被布に比べると豪華になりますので、お着物の柄を活かした豪華な着付けをしたい、という方に好まれています。

七五三女の子着物と結び帯姿

帯付け姿にする場合は、筥迫、しごき、帯揚げ、帯締めなど、小物が色々必要です。
一つでも忘れてしまうと大変なので、前もって準備をしておいて下さい。

買い忘れがあった!!という方はこちらまで
お子様の着物用小物も3歳の女の子七五三売り場で販売しています。

 

家族みんなで楽しむ七五三。みんな着物姿で楽に写真を撮るコツ。

七五三着物姿七五三を迎えるご家族の服装はどうしていますか?

お姉ちゃん・お兄ちゃんや弟・妹が着物を着ていると、
姉妹・兄弟が着物を着たがって困ったことはありませんか?

主役の子供さんやお母様は、やっぱり着物!
と、なるとお母様は準備や着付けで大忙し。

そんな中、七五三の子供以外にも、着物を着せるとなると大変。

だからついつい、他のお子様は着物を着せてあげたいけど、お洋服で・・という方も多いとお聞きしました。

「でも、写真を見たら、他の子も着物を着せてあげたかったな・・・」とのお客様の声。
そこで、家族みんなで気軽に「七五三に着物で家族写真」のご提案。

お手入れ簡単!子供の洗える着物セット

一人一人に着付けの時間を取れない、忙しい時にお薦めなのが、
子供用洗える着物セット(年齢別子供着物売場はこちら
七五三の主役のお子様以外のご姉弟にお薦めです。

ご姉弟が「着物を着たい!」といった場合に忙しいお母様でも
気軽に着物を着せてあげれます。

お母様だけでなく、お父様でもお祖父様お祖母様でも
簡単に着付けができます^^

お薦めの理由は
★揚げもしてあり、着物に紐も付いているので、着付けが簡単。
紐を結んで、帯も兵児帯なので、帯を結ぶだけ。
★お家で洗えるからお手入れ簡単。汚しても安心です。

男性の洗える着物

しかもお父様にもお薦めの洗える着物セットがあります→
お父様も気軽な着物を・・と考えている方にお薦めです。

正式な男性の礼装・紋付き羽織袴をご希望のお父様は一度、ご相談下さい。
(1つ1つお誂えとなります。お仕立に時間がかかりますので、余裕を持って準備をして下さい)

洗える着物で忙しいお母さんも手間いらず♪
七五三には洗える着物を上手に着て、家族みんなで着物で記念撮影を!

七五三の後は、お正月やおひな祭りや端午の節句などの、お子様の行事など
お祝いのお席でも大活躍です。

「洗える着物だから、気軽にお出かけに着ています」
「喜んでくれるので、祖父母のお家へ行く時に着ています」
との嬉しいお客様の声も頂いています。

ぜひお気に入りの場面でたくさん着て下さい。

男の子洗える着物売場はこちら
女の子洗える着物売場はこちら
年齢別・子供着物売場はこちら

お父さんの洗える着物売場はこちら

お気に入りの着物で、ぜひ素敵な七五三を過ごして下さい。

 

 

男の子の七五三の袴に迷ったら「袴セット」がお薦めです

男の子のフォーマルな七五三は
紋付き羽織と袴の組み合わせが一般的です。

袴をお探しの方は、袴姿に必要な袴と小物をセットにした
袴セットがお薦めです。

お薦めの袴セットを紹介した動画を作成しました。
袴選びにお悩みの方はぜひ一度ご覧下さい。

動画で紹介した袴セットは「男の子袴セット売場」にて只今販売中です。
袴をお探しの方はぜひ一度ご覧下さい。

 

 

七五三女の子 後悔しない帯選びのポイント【着物にぴったりの帯の選び方】 

七五三の女の子の華やかな着物姿に欠かせない、着物と帯。
帯選びに迷っている方の為に帯選びのポイントをご紹介。

(1)着付けが楽な帯を
結び帯だと、着付けが簡単=お子様の負担も軽いのでお薦めです。

昔は「結び帯の紐が痛かった~」なんて事もよく聞きましたが、
今は結び帯の紐の部分が、ゴムになっているものもあります。
ゴムだと伸び縮みするので、お子様もとっても楽です。

又、結び帯ではなく、祝い帯をご自分で結んであげる場合には、
着付けを工夫することでお子様の負担を減らせます。

羽根をゴムで止める等、なるべく紐が少なくなるように工夫して
お子様の負担を減らしてあげましょう。

(2)着物と調和する帯を選ぶ
メインの着物に合わせて帯を選ぶのがお薦めです。
でもとっても気に入った帯を見つけて、その帯に合わせて着物を選ぶ場合も^^

どちらにしても、帯と着物が美しく調和するように選びましょう。

・着物の中の色から一色を帯の色にする
・着物の反対色の帯を選ぶ(赤色=緑色、ピンク色=水色など)
・着物に置くとはっきりとする帯を選ぶ(赤色=黒色、白色=赤色など)
・着物と同系色でまとめて、帯締め・帯揚げで色を締める
など・・・色々な組み合わせがあります。

金色・銀色の帯は比較的どんな着物にも調和しやすいので迷った時はお薦めです。
お好みに合わせて選んで下さい。

(3)色々な色・種類の帯から選ぶ
後から「こんな帯もよかったかも・・」と後悔しないように
色々な帯を見てみましょう。

帯の模様や結び帯の場合は羽根の形や数、飾り紐の有無など
お好みのポイントを決めて見ていきましょう。

きっとその中からお気に入りの帯が見つかるはず。

(4)着物に負けない帯を選ぶ
帯は着物の要とも言われています。
帯を豪華にすると、着物もなお豪華に。

京都西陣織などのしっかりと張りのある、帯一本分を使った豪華な帯が
お薦めです。
楽しく帯選びをしてもらいたい。。。と思い
結び帯コレクションの動画を作ってみました。

帯選びの参考に、動画を見ながら、着物に合わせたらどんな感じかな・・・
と想像して見て下さい↓

動画に掲載している結び帯は只今絶賛販売中。
お子様もお母様も楽な「ゴムタイプ」の結び帯です。

売り切れ商品も出てきているので、
お気に入りの帯を見つけたらお早めにご注文下さい^^

結び帯売場はこちらです。
七五三の年齢別の女の子売場はこちらです。