着物用語辞典(や行)【やがすり・矢絣】

【やがすり・矢絣】

絣柄のひとつ。矢羽根をあらわした織物。経糸の絣糸を規則正しい間隔で括り、これをずらせて矢状の紋様を織りだす。

明治、大正期、女学生の制服の柄に使われた。