礼装用 金銀扇子・留袖など礼装の着物に【美しい祝儀扇子の使い方】

女性留袖用扇子女性の礼装の着物に欠かせない祝儀扇。

祝儀扇は冠婚葬祭用の扇子で、縁起物だけに昔からの約束事があり、男女によって地紙や扇骨に特徴があります。

女性は黒塗りの親骨に金銀の地紙を張ったものが一般的です。

扇は末広がりの形から「末広」ともよばれます。祝儀の席では、礼装の小物として祝儀扇は必需品です。
※留袖以外の着物を着る方も、祝儀扇を帯に挿す事でお祝いの心を表せます

挨拶をするときは手に持ち、それ以外のときは前帯の左側にさしておきます。

女性の礼装用扇子刺し方「美しい祝儀扇の使い方」

1.使わないときは、帯の左脇に、帯と帯揚げの間に先を2~3センチ出して挿して おきます。

2.挨拶するために使うときには、まず左手で扇を引き出します。

3.左手の下に右手を添えて、扇を引き抜きます。

美しい祝儀扇の持ち方

 

4.右手で扇の要あたりを持ち、左手を先に添えます。肘をはらないようにします。

5.扇は身体につけず、やや離して持ちます。

6.そのままお辞儀をします。上体が丸くならないように、30度位のつもりで頭を下げます。

 

金銀の祝儀扇子は箱の中に入れっぱなしにしていると、いざ使おうと思ったときに扇子の金面の金色がくすんでいることがあります。
久しぶりに使おうと思ったときには、前もって金銀面を確認して下さい。

もしもくすんでいる時は、きもの研装会のHPきもの研装会 祝儀扇売場
販売しています。ぜひご訪問ください^^

扇子と一緒にお買い上げ頂いている商品NO1は「白足袋」です。
やはり、綺麗な白足袋で凜として出席したいという方に人気の福助の最高級綿キャラコ足袋。
こちらのきもの研装会 着付け小物売場で販売中です。

21cm~30cmまでサイズ豊富に揃っています。
福助白足袋大きいサイズもあります

祝儀扇はこちらがお薦めです。
丁寧に描かれた蒔絵扇子がお薦めです↓

黒塗りの骨に金銀の紙を貼った扇子

★意外な祝儀扇の使い方をこちら↓で掲載しています。
外国人に人気の日本お土産・祝儀扇

★↓留袖以外の着物にも使える祝儀扇・夏の着物で結婚式にもお薦め
夏の結婚式に着物で出席【暑い夏のハレの席の着物】

扇子と一緒にお買い上げ頂いている商品NO1は「白足袋」です。
やはり、綺麗な足袋で出席したいと言う方に人気の福助の最高級綿キャラコ足袋。
こちらのきもの研装会 着付け小物売場で販売中です。

その他、「きもの研装会」HPにて、着物や着付け小物等を販売しています。

HP掲載商品以外も卸価格でお買い物できる
大阪船場の本社での次回の社内販売会は↓こちらです。

着物・和装小物のご購入をお考えならぜひ、ご来展下さい。

**************************************************************************
大阪船場・だいわ
「きもの研装会」インターネット販売部
http://www.jp-daiwa.com/
大阪市中央区船場中央2丁目3-6
船場センタービル6号館1階南通り
***************************************************************************
着物のお手入れができる呉服専門店
大阪船場・だいわ きもの研装会まで